競馬で勝つための基礎知識

単勝1番人気の追い上げ(マーチンゲール法)で競馬は常勝可能?

前回の記事では単勝人気ごとの勝率・連対率・回収率・平均配当について、お話をしましたが今回は一番勝率が高い単勝1番人気の追い上げは競馬の必勝法になりえるのかを説明します。

まずは2010年から2019年までの10年分の中央競馬の単勝1番人気の勝率・平均オッズ・平均配当です。

人気勝率平オッズ単平均
1番人気32.1%2.7241

 

説明するまでもないですが、10年間の平均で単勝1番人気の勝率は32.1%あり、その平均オッズは2.7倍、単勝1番人気の馬が勝利した際の平均配当が241円ということです。

これだけ見ると3回に1回は単勝1番人気が勝つんだから、単勝1番人気の馬の単勝馬券を買い続けて外れたら投資金額を倍にしていけば簡単に競馬は常勝できそうな気がします。

過去10年の単勝1番人気の最大連敗数は26連敗

平均すると3回に1回近くは勝つはずの単勝1番人気馬ですが、2010年から2019年までの10年分の中央競馬の単勝1番人気の最大連敗数は驚愕の26連敗です。

しかも一度だけでなく26連敗は10年間で2回あります。
更に言うと20連敗以上は他にも24連敗が1回と20連敗が1回あります。

もう少し掘り下げると19連敗が2回、18連敗が4回、17連敗が5回、16連敗が5回、15連敗が14回、14連敗が15回、13連敗が28回、12連敗が32回、11連敗が46回、10連敗が76回と、10連敗以上でも結構な数です。

20連敗クラスは10年で数回だとしても、10~15連敗程度は年に何回か普通に遭遇するレベルですね。

一年毎の成績で区切ってみても一番連敗が少ない年で15連敗ということで、皆様が思っているより単勝1番人気の馬は連敗することが分かって頂けたでしょうか?

ちなみに余談ですが、単勝1番人気の連勝の話ですが、同じく過去10年間で8連勝が4回、7連勝が7回、6連勝が20回、5連勝が49回、4連勝が196回、3連勝が518回、2連勝は1573回となっています。

普段はコツコツと勝ち続けられることは事実ですが、たまに来る大連敗は避けようがないというのが現実だと思います。

単勝1番人気をマーチンゲール法で実践してみると

実際にマーチンゲール法を過去データに当てはめてみるとどうなるでしょうか?

本当はリアルに馬券を買って検証するのが一番でしょうが、やる前からとんでもない金額負けることが分かりきっている事にお金を使えるほど、私はお金が余っているわけではないのでご了承ください(笑)

前提条件として、単勝1番人気のオッズは過去10年の平均である2.7倍と仮定し、最低100円以上はプラスになる中で最小の投資金額になるように計算するという条件の下で算出しました。

実際の競馬では途中にもっと低いオッズの事もあるでしょうし、特に単勝オッズが2倍を切る馬で追い上げをする場合などは投資金額の跳ね上がり方も加速度的に跳ね上がることを念頭に置いてご覧いただければと思います。

結果を見て如何でしょうか?

金額だけ見ると26連敗するまでに要した金額が3400万円弱、27レース目に投資する金額が2000万円弱なので、9割以上の人は無理でしょうが、「6000万程度なら、私は出せるよ?」って人も居るのではないでしょうか?

ちなみに当然ですが、私は出せません。
仮に出せるだけのお金を持っていたとしても出しませんが(笑)

それだけのお金を使う覚悟があれば当たった時点で100円~300円程度の利益を得ることは可能です。

普段はコツコツ勝ち続けれるから上昇できるような気になってしまうでしょうが、普通の資金力の人は大連敗の時に、それまでの勝ち分も原資も吹き飛んでしまうでしょう。

1番人気のマーチンゲール追い上げで勝てない理由の一つ目がこれです。
普通の人に用意できるような資金ではない。
仮に用意できたとしてもリスクとリターンが全く割に合わない。

単勝1番人気のマーチンゲール法が勝てない理由は他にも

上では大体6000万円前後の資金を用意できる人なら常勝は可能だという結論が出ました。
(リスクとリターンが全く釣り合ってはいませんが)

ただし、上の仮説はオッズの低下が考慮されていません。
詳しい説明は省きますが競馬の場合
券種の総売り上げー控除(単勝の場合は20%)÷売り上げ=オッズとなります。

レースにもよるので一概には言えませんが重賞レベルのレースでも単勝2.7倍の馬の単勝馬券に2000万突っ込んだら、その時点でオッズは2.3倍に下がります。

これもレースによりますが午前中のレースだと馬券を買った瞬間に1.5倍程度まで下がります。
レースによってはもっと下がります。

1番人気のマーチンゲール追い上げで勝てない理由の二つ目がこれです。
投資金が大きくなれば自分の投資がオッズに影響を及ぼす。
影響を及ぼすと更に大きな投資金が必要になり、更に大きな投資をすると最後は単勝元返しまで下がる。

まとめ

今回は単勝1番人気のマーチンゲール法について説明しました。

まとめ

コツコツと安定して勝てるが時折訪れる大連敗で、それまでの勝ち分どころか原始まで吹っ飛ぶ可能性が高い。

そもそも殆どの人は投資金の上昇についていけない。

投資金の上昇についていけるだけの資金力があったとしても、オッズとの戦いになり最後は単勝元返しになる。

参考になれば幸いです。