競馬で勝つための基礎知識

単勝人気別の勝率・連対率・回収率・平均配当

この記事では単勝人気別の勝率・連対率・回収率・平均配当について話をしていきたいと思います。

まずは2010年から2019年までの10年分の中央競馬の単勝人気別成績をどうぞ。

 

人気勝率連対率複勝率単回値複回値単平均
32.1%51.1%63.9%7783241
18.8%36.9%50.5%7982422
13.2%27.6%41.2%8081611
9.6%20.8%32.9%8079838
7.2%16.2%26.5%80781120
5.6%12.8%21.7%83791498
4.0%9.6%16.7%80771989
3.0%7.4%13.3%78792657
2.2%5.6%10.3%74763333
101.6%4.4%8.1%72754415
111.3%3.4%6.3%72735672
121.0%2.5%4.9%67707087
130.7%1.9%3.6%64669257
140.4%1.4%2.6%496112018
150.3%0.9%1.8%565516725
160.1%0.5%1.2%314722234
170.1%0.6%1.3%174520927
180.0%0.3%0.8%133839740

 

今回は10年分のデータを算出しましたが、1年程度の単位でもほとんど大きな差はありません。
気になった方は、ご自身で調べてみると良いかと思います。

この表を見て分かるのは、人気がある馬ほど長期的には勝率も連対率も上がり、平均配当は下がる(オッズが低くなる)ということで、ある程度長期的な目線で見れば、人気と馬の力は比例してると言えます。

レースの勝ち馬は8割前後が5番人気以内

表を見ると分かりますが1番人気~5番人気の勝率は年によっても多少の差異は出るでしょうが概ね80%くらいになります。

競馬の8割は1番人気~5番人気の馬が勝つということですが、これを見てどんな感想を抱いたでしょうか?

私は回収率は勿論ですが的中率も重視するため、人気馬を軸にした馬券術を多用しますので、この結果を見て余計に自分の馬券の買い方に自信を深める結果となりました。

1番人気はトータルすると3回に1回程度は勝つ

続いては買うにせよ切るにせよ、馬券を買う際に多少なりとは気になるであろう、1番人気の馬の勝率についてのお話です。

1番人気の馬の勝率は約33%前後、連対率は50%を少し超える結果となりました。
単勝1番人気の馬は3回に1回程度は勝って、半分程度は2着以内に来るということですね。

平均配当は241円となっていますので、毎レース単勝1番人気の単勝を買っていると大体3レースに1回弱の確率で的中して241円の払い戻しがあるということですね。

まぁ可もなく不可もなくと言った所でしょうか?
しっかり統計を取ったことはなかったですが、体感で大体こんなものだろうと思っていたので別段驚きはありませんでしたが、いかがでしたでしょうか?

下位人気は回収率も非常に厳しい

続いて回収率の面で見てみましょう。

8番人気までは大体単勝も複勝も回収率80%前後であるのに対して9番人気以下になってくると、目に見えて回収率が下がっていきます。

12番人気以下になると、もう目を覆いたくなるような数字ですね。

人それぞれの馬券戦略もあると思うので、下位人気の馬の馬券を買う事を一概に否定はしませんが、何の戦略や根拠もなく下位人気の馬券を買う事は的中率的にも回収率的にも、非常に不利で苦しい勝負を強いられると言えます。

まとめ

ざーっとですが、単勝人気別の勝率・連対率・回収率・平均配当を見てきました。
まとめると

まとめ

長期的に見れば人気と馬の力は比例している。
勝ち馬の8割は1番人気~5番人気。
1番人気は3回に1回程度勝ち、2回に1回程度連対する。
9番人気以下は勝率・連対率だけでなく回収率も非常に厳しい数字になる。

以上になります。

読者の皆様で知りたいデータがある方は、お問い合わせでもコメントでもいいのでメッセージ頂ければ、私のほうで調べれるデータであればお教えしますよ。